■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■プロフィール

畑中一軒

Author:畑中一軒
畑中一軒(本名ではありません)の日々の生活を、淡々と綴ってみたいな・・・と思いj発作的に開設しました。
大ネタはありません。
単なる田舎住まい(結構気に入っている)のおっさん的日常です。

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

いつも思うんです、慣性の法則があるかぎり・・・・
マイクの振動板・・あれにも質量があります。

スピーカーの振動板にも質量があります。
でもまあ、マイクの振動板の質量はスピーカのそれに比べたら遥かに小さい。
なので結構良質な電気信号に変えているとは思いますが、でもやはり慣性の法則からは逃げられません。

質量があるということは慣性の法則が適用されます。

つまり・・・・・

信号が与えられたらよっこいしょと動き出し、そして動き始めたら今度はなかなか止まれません。

信号が消えて元の位置に振動板が戻るのもやはりゼロに戻るのでは無く、一旦負の方へオーバーシュートします。
かような動きをする各振動板ですが、各オーディオメーカはそれを信号に対して忠実に動作させる努力をしてきたrと思います。

でもそんなん出来るわけが無いことも各メーカさんもわかってらっしゃる。
後はいかに無用な振動を止めるかですが、私が思いますに・・・・・

変に無用な振動を止めたばかりに生き生き感までも失われるのであれば変な制動はかけずに野放図にさせてやったほうが、生より生々しい音を再生するのでは無いかと・・・・・

これが私の持論ですが変ですかね・・・・・・
スポンサーサイト


オーディオ | 21:54:03 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad