■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■プロフィール

畑中一軒

Author:畑中一軒
畑中一軒(本名ではありません)の日々の生活を、淡々と綴ってみたいな・・・と思いj発作的に開設しました。
大ネタはありません。
単なる田舎住まい(結構気に入っている)のおっさん的日常です。

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

某国の某社が史上初の強制リコールを受けた件で、ふと思い当たった過去の事例。
今まで10台くらい乗り継いできた会社の私の車はすべて日本の某社のものです。
ステーションワゴンとか小型トラックも乗りましたが、特定の車種(ワンボックス)をすでに6台くらい乗り継いでおり、外回りから内勤になった現在では現車種を若いもんが乗っています。

一つ前の車種が問題でして、とても有名大手の某社の出来とは言えないくらいにクソ(失礼!)ワンボックスでした。

まず燃費が歴代最悪・・・・・・ターボが効いてすごく走るのですがセッティングがとても営業車とは思えないドッカンターボ。
いつの時代の車だよというくらいひどかったし燃費も最悪。

そして相次ぐ故障。

ディーゼルの燃料ポンプが壊れました。※1
乗りはじめて2年も経ってないときでした。
軽油が車の下に漏れ始め、修理に出しました。
さすがにこれは無料でポンプ交換。

パワーステアリングがいきなり不自然な感じになりました。
販売店の工場で診てもらうと、舵取り装置の途中にあるユニバーサルジョイントに当たる部分の摩耗によるものでした※2
これは修理費を取られたと思います。

今度はハブベアリングから異音※3
前輪のベアリングを交換したあとで、リコール対象になり、再度今度は4輪ともに交換しました。

さらにまだまだ不具合が発生したのですがこの歳になるとさすがにもう忘れてしまいました。
他にもリコールだとかなんやかんやありました。

ただ※1はコモンレールであり、おそらくボッシュかどこかのポンプでは無かったか?と想像しています。

問題なのは※2、※3に共通する材質が悪かったのでは無いか?という疑い。
そしてそんな怪しい材質によるパーツを作るのは某国では無いかという疑い。

あくまで疑いです。
最近のいろんなニュースを見るにつけ、どうも怪しい。

今まで42年間車に乗ってきて※2、※3みたいな症状が、わずか数万キロ乗った時点で起きるなんて経験したことがありません。

おそらく日本の某社は某国でパーツを作らせて輸入したのではないか?と考えています。

現モデルはすごく出来が良いです。
反省したのでしょうかね・・すでに12万キロくらい走っていますが全く問題はありません。
というか、問題の前モデルより前に乗り継いできた車もほとんど故障らしい故障ってのは皆無でした。

ダウンサイジングしたディーゼルにターボを搭載していますが、これが上質なセッティングです。
ドッカンターボというようなものでは無く、本当に素直な特性をしています。
迫力はありませんが営業車としては申し分の無い特性だと思います。

しかも燃費がすばらしく向上しました。
以前のその問題の車種は3リッターターボオートマチックで8km/Lしか伸びなかった燃費が現車の2.5リッターターボオートマチックで11Km/Lに向上したのですから素晴らしい!!

ったく前のモデルは一体なんだったんでしょうね。

セッティングはおかしいわ、パーツが早期摩耗するとか、普段では考えられない車種でしたね。

今のモデルはよく出来ていて、実際に結構売れてるみたいですから良かったものの、しっかりせいよ、某社さんとエールを贈りたいです。

そしてあくまで私の推測ではありますが、前のモデルにおいて、早く摩耗した各パーツはおそらく某国で生産されたもので無かったのか?と疑いの目を向けざるを得ないと思っているのです。

某国の車は日本では全く売れていないというか販売店すら完全に撤退してしまっていますが、良かったと思います。
スポンサーサイト


日常 | 23:15:55 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad