■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■プロフィール

畑中一軒

Author:畑中一軒
畑中一軒(本名ではありません)の日々の生活を、淡々と綴ってみたいな・・・と思いj発作的に開設しました。
大ネタはありません。
単なる田舎住まい(結構気に入っている)のおっさん的日常です。

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

反論、意見がある人は言ってほしいけど、長男ほどつまらないものはないぞ!!
今日、お袋がまた入院しました。

足の付け根あたりが痛いということで前にも後ろにも動けなくなり、困り果てた私は救急にお伺い(※1)をたてたとろ、素人では動かせないという理由で、救急車の出動を結果的に要請してしまいました。
ただいま入院中です。

さて・・・・

年老いたお袋をかかえた長男です。

お袋の面倒を見るっていう事自体については、息子として当たり前のことですから、それについて文句を言うのではありません。
誤解の無きようよろしくお願いします。

もしも私が次男であったとしても、お袋のことはいろいろ心配していることでしょう。

ただ・・・・
心の余裕のあり方、という意味では長男はまったくつらい。

私はリタイアしていても不思議では無い年齢にさしかかっていますが、立場上やめられない仕事はある、しかも忙しいのです。
長男の嫁も大変ですし、嫁にまだ行って無く私達と同居してる娘達も大変です。

親が残してくれた機械が壊れたので稲作は止めました。(※2)
でも荒らさないように草刈り、耕すことはしています。
畑も荒らさぬようそれなりに・・・・

かつて両親が大した目的も無く植えたのであろう庭の木、畑のあぜに植えた木々、今の私には不要な土地の守り・・・・
こんなん要らん、というかご近所に迷惑をかけ始めています。

でも長男であるかぎり守りをしていかなければなりません。

田舎の近所付き合いは嫌では無いけど、でも地元で生きていく限り、嫌な役目も負わなければなりません。

こんな時思うんです。

もしも私が次男、三男であればなあ~、程度は別にしても今よりも自由な生活をしているだろうな・・・・と。

そしてたまに里に帰ってきて思う存分に優しい言葉をお袋にかけてやってさ・・・・

昔の長男は家督をついで、責任もあるけどそれなりの良い部分もあったかも知れませんが、今は違います。
あー、長男なんてまったくつまらん!!

これもね、なんでこうもグチグチ言うかと言いますと、やはり自分の体調も思わしくないし、仕事は半端なく忙しいしで、心に余裕が無いからだと思います。
明日も朝の7時から村の付き合いで少し作業をします。
その後は畑の草対策、裏庭の草刈り。

ったく、やはり私が次男であったなら、姫路くんだりにでも気楽に住んでいたいよ!!

(※1)あとで気が付きました。#7119にかければよかったのですね。だけどあとで調べてみた結果、私の住んでいる地域ではまだ未対応な感じです。
(※2)作付け面積がたった2反程度では高額な農業機械を買っても採算がとれません。逆に損益分岐点を超えるくらいの田んぼがあったとしても、仕事をもってる身では管理しきれません。
スポンサーサイト


日常 | 20:43:15 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad