■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■プロフィール

畑中一軒

Author:畑中一軒
畑中一軒(本名ではありません)の日々の生活を、淡々と綴ってみたいな・・・と思いj発作的に開設しました。
大ネタはありません。
単なる田舎住まい(結構気に入っている)のおっさん的日常です。

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

超久しぶりに空中線、ケーブル、基台を買った。


久しぶりのアンテナ工事(?)です。
そうです、私はアマチュア無線家なのです。

コールサインは ・--- ・--・ ・・・-- ○○○ ○○○ ○○○ です。

最近はめっきりとアマチュア無線も人口が減って、あれほど賑わっていた2Mバンドなんて最近は完全に閑古鳥が鳴いています。

なので私も最近はまったく交信をしておりませんが、それでもやはりアンテナ(空中線)だけは車にあげておきたいのです。

今まで自分の車を持っていませんでした。
会社の営業車に無線機と空中線をつけて走り回っていたことがあるのですが、それも最近の車の構造上、なかなか空中線をあげることができず、しばらくは装着せずにいました。

事情があって一昨年の秋に超久しぶりに自分の車を持つことになりました。

早速にマグネット基台を使ってルーフ中央に空中線をあげていましたが、これが困ったことに・・・・
立体駐車場なんかでいちいち空中線を降ろさないと天井にあたりまくります。

いつかは利得は犠牲にしてでも短い空中線にしないと・・と思い続けていました。

でついに1週間ほど前にネットでその空中線CR77を買ったのです。
ネットで・・

なのでまってくその仕様に気が付きませんでした。
つまり・・・なんと・・・ノンラジアルでは無かったのです。
空中線の基台と車のボディが導通が無いと駄目なんです。
マグネット基台ではそれが出来ません。
強引にそれを行おうとすると、それはつまりルーフの塗装をはいで・・・・という恐ろしいことになります。

で仕方が無いのでハッチバックに設置するタイプの基台を買うことにしました。
この基台のネジをぎゅーっと締め込むことによってドアの裏側の塗装を突き抜けて、ネジと車のボディが接続されます。
このことにより基台と車のボディがつながり接地されたことになります。

ところが今回買った安物の基台が超分厚い塗装がされていたせいで、空中線のアース側と基台が絶縁状態のなっております。
こんな状態で強引にS.W.R.を測定しますと完全に3を超えてしまいます。

これは困った・・・・・

と顎を撫ぜていてふっと思い立ちました。
この基台の塗装を剥ぎ取ればええやん?

でもその前に、以前私の女房がマーチにつけていたハッチバック用の基台がどこかにあるはず・・・・

とガレージを探した結果、かなり老朽化していたその基台を見つけました。
とりあえずこいつを使おうということで私のNV200に取り付けたのが写真のものです。

この基台のおかげで、空中線のアース部と基台の間に導通ができます。
そして基台と車のボディの間でも導通があります。

ノンラジアルタイプの空中線のための必須条件です。

でここでS.W.R.を計測しますと・・・・・

ちゃんと1.5以下の数値を示し、無事に使用可能となりました。
ノンラジアルタイプの空中線であったならばこんな苦労をしなくても良かったのですけどね・・・・

でもまあ今回の設置によって立体駐車場であっても苦労しないで済むようになりました。
ただ利得が四分一程度なのがちょっとさびしいだけ・・・・

でも良いんです。
バリバリに運用してるわけでもありませんので、余計な心配しないで済む方が良いです(^^)v

明日から気分新たに通勤できますわ。

そんな今日は久しぶりの作業でありました。



スポンサーサイト


日常 | 22:38:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad