■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■プロフィール

畑中一軒

Author:畑中一軒
畑中一軒(本名ではありません)の日々の生活を、淡々と綴ってみたいな・・・と思いj発作的に開設しました。
大ネタはありません。
単なる田舎住まい(結構気に入っている)のおっさん的日常です。

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QRコード

矢車草。
IMGP3194.jpg
PENTAX Q-S1で撮影。2017.05.20

ボクは青い矢車草が大好きです。
楚々として可憐で、そして曇天の色温度が高い日に映えるあの青。

女房は似ても似つかぬ体型でありますがあの矢車草の楚々としたたたずまいはそそられます。
純粋で、でもちょっと爽やかな色気があり、そして楚々とした佇まいは男心をそそります。

以前にも書いたことが有るかもしれませんが毎年この時期になりますと、この花にお目にかかれるのですごく気分が良いです。

花弁だけでは無く茎、葉っぱを含めて全体の佇まいがすきです。

しかもですね・・・・・

この青・・・・

曇天、または小雨の中ですごく映えるんです。
全体に光線の色温度が高いので、花のもつ青になおさらに青を付け加えてくれるというか、本当にすばらしい!!

あ、FBで色温度の話を書いたら気温と誤解されて返信を頂戴してしまいました。
ご存知の方には説明しようも無いのですが、色温度は気温ではありません(^^;

太陽の光の比較的低い領域が雲とかに吸収されて周波数的に高い色、つまり青系(とそれ以上の)の色が強調されることを言います。

逆に夕焼けのときなどのように黄色、または赤に近い部分なんかは色温度が低いといいます。
これはこれですごく良い光線として独特の写真が撮れます。

ただ気をつけないといけないのは、昔の銀塩時代と違って電子で動く最近のカメラはおせっかいにもオートホワイトバランスが搭載されておりますのでせっかくの雰囲気を台無しにしてしまう可能性があります。
意図して色温度を活かした写真を撮りたいときは、オートホワイトバランスの機能はこまめにオフにすべきだと思います。

スマホですら最近は色温度を設定できるカメラアプリがありますので、標準で搭載されてるカメラアプリだけでは無く、いろんな機能をもったカメラアプリを試してみるのも楽しいものです。

あれ?

話が矢車草からカメラに移ってしまいました、すみません。

とまあ私は世界で一番好きな花は何かと訊かれたら即座に「青い矢車草」と答えるであろうくらい、この花が大好きなのです。
スポンサーサイト


日常 | 18:12:48 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad